blog

笑った! 泣いた! みたま祭

7月31日(土) 静岡護国神社で「第4回万灯みたま祭奉納少年剣道大会」が行われました。

「みたま祭」は、5人勝ちぬきの個人戦です。

小学生の子供たちにとって、連続5人を勝ち抜くのは、決して簡単な事ではありません。

今年も、泣いたり、笑ったりのドラマがありました。

静岡武修館からは、1年・3年・4年・5年・6年生の計10人が参加しました。

P1000473

初参加は、1年生の真紘・4年生の和希・6年生の昌宗です。

3人とも、本当によく頑張りました。

勝ち抜き者は

1年生 真紘 

P1000489

1年生で1人だけの勝ち抜き者です。大健闘!!

よく頑張りました。

 

3年生 亮輔

P1000490

素晴らしかった!!

強い気持ちで、最後まで落ち着いて亮輔らしい剣道が出来ました。

 

5年生 優

P1000491

去年の悔し涙を笑顔に変えました。

優らしい、スピ-ドある豪快な面がさく裂!!

1年間の努力が実を結びました。

 

同じく5年生 陽亮

 P1000498

今年もやりました。

また、試合内容も本当に良かった。

冷静な観察力、相手の構えを崩しス-ッと入って力強い面を決める!

素早い小手、返し胴。

スイッチ全開の陽亮を久しぶりに見た! さすが、武修館が誇る大将!!

 

6年生 暢之

P1000493

会場に響き渡るほどの、気迫みなぎる声…。

この声が響き渡る時、暢之の真価がわかるだろう。

本当に、すごかった! 気迫が違った。

勝ちにこだわる気持ちが見ていて、ひしひしと伝わってきました。

最後のみたま祭、本当によく頑張りました。

おめでとう!

 

3年生の文香。

3人までは勝ちぬけました。

残念ながら、4人目で負けてしまったけど、まっすぐで気持ちの良い面を決めていました。

良く頑張った! 成長を感じた。

来年が楽しみです。

 

4年生の和希。

とても緊張していた。

4年生・41人中41番目。長い緊張状態がピ-クに達していた。

試合中、相手が胴にきた竹刀が外れ、足に命中!

痛い足を少し引きずりながら、面中心に攻めました。

試合後、痛さと悔しさで泣きましたが、最後まで攻める気持ちを持って頑張りました。

まだまだこれから…。もっともっと頑張ろう!

 

5年生の悠太。

悠太らしい剣道が、どこにもなかった。

自分で作ったプレッシャ-に負けてしまっていた。

試合後、自分のふがいなさに流した涙を無駄にしないでほしい。

自分に何が足りないか、考えてほしい。

どうすれば、自分を変えられるか考えてほしい。

努力と根性で頑張ってきた悠太! まだまだこれから…。

長い長い剣道人生。まだまだの気持ちを持って、

頑張れ!! 武修館の努力家・悠太!!

 

6年生の昌宗。

初めて間もないが、素晴らしいセンスを持っている。

昌宗のスピ-ドある面は、本当に見事だ。

残念ながら、みたま祭では力及ばずだったが、まだまだこれからが楽しみな子です。

頑張れ! 昌宗!!

 

今年の「みたま祭」も幕を閉じました。

泣いた子も、笑った子も、これをバネに次へとつなげてほしいです。

高学年は、近県大会が待っています。

頑張れ!! 武修館っ子!

           

Page Top

Home > blog > 笑った! 泣いた! みたま祭