剣道理念

 
剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である

剣道修練の心構え
剣道を正しく真剣に学び
心身を練磨して旺盛なる気力を養い
剣道の特例を通じて礼節をとうとび
信義を重んじ誠を尽くして
常に自己の修養に努め
以って国家社会を愛して
広く人類の平和繁栄に
寄与せんとするものである

昭和50年3月20日制定
財団法人 全日本剣道連盟

剣道指導の心構え
(竹刀の本意)
剣道の正しい伝承と発展のために、剣の理法に基づく竹刀の扱い方の指導に努める。
剣道は、竹刀による 「心気力一致」 を目指し、自己を創造していく道である。 「竹刀という剣」 は、相手に向ける剣であると同時に自分に向けられた剣でもある。この修練を通じて竹刀と心身の一体化を図ることを指導の要点とする。

(礼法)
相手の人格を尊重し、心豊かな人間の育成のために礼法を重んずる指導に努める。
剣道は、勝負の場においても 「礼節を尊ぶ」 ことを重視する。お互いに敬う心と形(かたち)の礼法指導によって、節度ある生活態度を身につけ、「交剣知愛」 の輪を広げて行くことを指導の要点とする。

(生涯剣道)
ともに剣道を学び、安全・健康に留意しつつ、生涯にわたる人間形成の道を見出す指導に努める。

《剣道の目的》
剣道は竹刀で打ち合って、勝った負けたという技を争う競技でなく、すこやかな心を育て、健全な身体をつくり、正しい礼儀を修めるために練習をするのです。したがって剣道を修める事は、
 1. 心をみがく
 2. 身体を練り鍛える
 3. 技術を習得する
を目的としています。それは争いを目的とした暴力でなく、健全な社会人となるため、武道を修めるのであるから、この目的を一日も忘れてはなりません。

《剣道と礼儀》
礼儀は人間として、平和な社会生活をする上でも大切ですが、ことに剣道では昔から「礼に始まり礼に終わる」といわれているように、きわめて大切なものとされてきました。
どのように技が上達しても、品位や人柄が欠けているようでは、本当の剣道を習ったとはいえません。
ことに剣道は多くの運動の中でも最も激しい性格を持っているものの一つなので、少しあやまると荒っぽい行動になりやすくなります。
これを未然に防ぎ、正しい剣道を習得するためにも礼儀や作法が、やかましくいわれるのです。
道場だけでなく、家でも、学校でもどのようなことがあっても、常に真心をもって礼儀正しくし立派な人格と精神を養うように心がけなければなりません。

平成19年3月14日制定
財団法人 全日本剣道連盟

静岡武修館 > 剣道理念

page top