blog

関東少年剣道大会(小学生編)

P1000624 P1000633

8月22日(土) 第28回関東少年剣道大会が、山梨県小瀬スポ-ツ公園・武道館で

行われました。

静岡武修館からは、小学生チ-ムと中学生チ-ムの2チ-ムが参加しました。

まずは、試合から

小学生の部

1試合目 : 竜王剣道スポ-ツ少年団(山梨)と対戦

先鋒 : 暢之     2-0

気合が入っていました。

次鋒 : 悠太     2-0

快勝! 落ち着いていました。

中堅 :  紘一郎    不戦勝

副将 : 優       0-0

優らしさがなかった。

元気がなく、攻め方が単調だった。

大将 : 陽亮     2-0

快勝! 文句なし!

1回戦目は、4-0で勝ちました。

  

2回戦目 : 石田剣道スポ-ツ少年団A(山梨)と対戦

先鋒 : 暢之     0-0

20100828-230825 20100828-231124

気合・動きも悪くはなかったが…

暢之の良さを自分で抑えてしまった感じでした。

残念!! 引き分け。

次鋒 : 悠太    2-0

20100828-231241 20100828-231443

1本目は、小手。

2本目は、小手面。

高学年になり、初めて次鋒の役目を果たした悠太。

次鋒は良い流れを次に繋げ、流れが悪かったら勝って次につなげる、大切なポジションです。 

弾みを付けました。

中堅 : 紘一郎  1-1

20100828-231720

公式戦において、初めての1本。 

見事な面でした。

惜しいかな、1本を守りきれませんでした。

でも、紘一郎の中で自信が持てる、次につながる1本だと思います。 

副将 : 優    2-0

20100828-232215  20100828-232349

高学年になり、1番成長しているのが優です。

流れを勝ちに引き込みました。

また、得意な面ではなく、小手での2本勝ち。

練習の成果です。

大将 : 陽亮   2-0

20100828-232439 20100828-232607

1本目は、刺すような小手。

2本目は、胴。

陽亮の良いところは、攻めが単調にならないところです。

状況を冷静にとらえ、一瞬の隙を逃さない…。

他の子も見習ってほしい点です。

2試合目は、3-0で勝利!!

 

3試合目 : アジア少年剣士会(東京)と対戦

強豪との対戦! 気合を入れて臨みました。

先鋒 : 暢之   0-0

20100829-234737 20100829-234912

3試合中、1番動きが良かった。

果敢に攻めていました。 

暢之の強さは、相手に自分の剣道をさせないところです。

残念ながら引き分けでしたが、良い試合でした。 

次鋒 : 悠太   0-1

20100829-235429 20100829-235604

負けてしまったが、悠太も1番動きが良かった。

小手、小手面も良かった。

攻防が続いた。

相手が上手でした。

課題は、振りの速さと間合い、足さばき…。

悔し涙を流した悠太。悔しさをバネに頑張れ!!

中堅 : 紘一郎  0-2

20100830-010904 20100830-010921

相手に、攻める隙を与えてもらえなかった。

でも、確実に成長している紘一郎。

次回、頑張ろう!!

副将 : 優    0-2

20100830-000304 20100830-000412

相手が、強かった。

が、優も良く頑張った。

相面も振り負けたが、攻める気持ちが前面に出ていて悪くなかった。

まだまだ、これから…。

大将 : 陽亮   2-0

20100830-000715 20100830-000830

これが、大将です。

大将として、必ず勝つ!!

陽亮の大将としての責任感と強い気持ちが、ここにあります。

3試合目、残念ながら1-3で惜敗。

 

試合後、団体試合で久しぶりに悠太が泣きました。

どうしても、勝ちたかったそうです。

みんな、同じ気持ちだと思います。

この気持ち、闘志が次につながる練習の糧となります。

山梨にこの悔しさを忘れてこないで欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

   

Page Top

Home > blog > 関東少年剣道大会(小学生編)