blog

後輩の面倒

当道場では下は幼稚園から大人まで剣道を楽しんで稽古しています。

そのなかで小学生は高学年に対し早く面を付けて、下級生の面倒を見るようにと指導しています。

これは「上の者は下の者を思いやり、下の者は上を敬うように」という考えからきています。

これにより「ありがとう」「どういたしまして」の精神が生まれます。

なのでうちの生徒は中学生や大人になっても上下で仲が良いです。

これは剣道独特のものかもしれませんねえ。

後輩の面倒

 

 

Page Top

Home > blog > 後輩の面倒